■ 戸室ビオトープ ■

 
 

2013年度活動

2012年度活動

2011年度活動

 
 

【第八回活動 2012年11月17日】

今年の活動も今回が最後ですが、いろいろ盛りだくさんです。
まずは、来年に備え、落ち葉での堆肥づくり、玉ねぎの植え付けを行いました。
堆肥づくりでは、集めた落ち葉の上に乗って踏みしめるのですが、子供たちが楽しそうにやってくれます。
続いて、秋の収穫第二弾として、ネギ、落花生、それから少しですが、シイタケ・ナメコ・ヒラタケを収穫し、帰りに持ち帰ってもらいました。
それから、室内に移動し、クリスマスリース作り、秋の活動をまとめた壁新聞作りをしてもらいました。
今年参加していただいた方、それから、新しく来年から参加される方、来年も、楽しみにお待ちしています。
 



【第七回活動 2012年10月20日】

今月の活動では、さつまいもの収穫と収穫したさつまいもを使ったエコクッキングをしました。さつまいもの収穫では、イモだけではなく、茎、葉もエコクッキング用に捨てずにとっておきました。
エコクッキングでは、参加したお母さん方にご協力いただき、大学いも、茎のきんぴら、葉の酢の物を作り、みんなでおいしくいただきました。茎のきんぴらが意外と?、子供たちに好評だったようです。
ビオトープの方では、2年前から見かかるようになったオオアオイトトンボが、今年も同じ木に産卵していました。
 



【第六回活動 2012年9月15日】

今月は、6月〜8月の活動を壁新聞にまとめた後、森づくり専門員の加藤さんから「森のはなし」をしていただきました。その後には、林業振興協議会の浦上さんに指導していただき、子供たちみんなで、「ミニプランター」作りの木工作をしました。
ビオトープでは、外来種のオオカナダモが池いっぱいに繁殖していて、前の週から続けて作業して、なんとか除去しました。
先月から咲いているかわいらしい白い花があって気になっていたのですが、しらべてみたら、ゲンノショウコ(白花)でした。薬草として名前は知っていましたが、見るのは初めてです。
 



【第五回活動 2012年8月18日】

今年も例年通り「流しそうめん」をやりました。
そうめんを流す竹や箸・器にする竹は、向かいの山から採ってきたものです。
今年は、枝豆の収穫も行い、たくさんお土産ができました。
また、畑のシソを使ったシソジュースも好評でした。
一輪車を押している少年は、枝豆を取った残りの茎と葉を、何回も往復して捨ててきてくれました。
オニヤンマが何回も偵察に来ていたので、網を用意して待っていたのですが、うまい具合に建物の玄関に追い込んで、捕まえることができました。
みんなで、じっくり観察して、逃がしました。
 



【第四回活動 2012年7月21日】

今回は、4月に植えたジャガイモの収穫とビオトープ周辺の昆虫観察を行いました。
ジャガイモは昨年を上回る豊作で、たっぷりお土産ができました。
昆虫観察は、ふれあい昆虫館元館長の富沢先生においでいただき、いっしょに昆虫を探した後、見つかった昆虫について、解説をしていただきました。
ユーモアを交えたお話で、大変楽しく、また、興味深く聞かせていただきました。
ビオトープ周辺の狭い範囲ですが、子供たちはいろんな虫を見つけたようです。
写真はトノサマガエル、キイトトンボ、ミズカマキリ、それと、4月に植えた落花生の花です。
 
 


【第三回活動 2012年6月16日】

今回は、あいにくの雨でしたが、畑でのタマネギの収穫、シソ・落花生の苗の植え付けの後、屋内での壁新聞作りなどを行いました。
タマネギは、大小いろいろでしたが、全部で100個を超える収穫で、参加者、スタッフで分けて持ち帰りました。
池のまわりの水際では、モリオガエルの卵が4か所で見つかりました。
例年、見かけるのに、昨年は見当たらなかったので心配していましたが、ほっとしました。
畑での作業の後、皆さんに見てもらいましたが、初めての方がほとんどのようで、珍しそうに観察されていました。
 



【第二回活動 2012年5月19日】

今回は、まず、サツマイモ・枝豆の植え付けを行いました。
サツマイモは10月、枝豆は8月に収穫の予定ですが、今から楽しみです。
畑の作業の後は、ビオトープの周辺で観察を兼ねて山菜獲りをしました。
タラの芽、山ウド、セリ、ニワトコなどが獲れました。
そして、最後は。。。 お楽しみ!てんぷら大会です。
みなさん、おいしそうに食べていました。
 



【第一回活動 2012年4月28日】

4月28日は2012年度第一回の活動でした。
4月前半は天気も悪く、寒かったので心配していましたが、この日は天候に恵まれ、さらに、60人を超える多くの方に参加いただき、賑やかなスタートとなりました。
活動は、オリエンテーション、名札作りの後、ビオトープに出て、ジャガイモ・落花生の植え付けなどを行い、みなさん楽しそうに土にふれられていました。
池では、孵ったばかりのたくさんのオタマジャクシと、それに混じってメダカが群れになって泳ぎまわっていました。
気が付くと、子どもたちが、興味深々で池の周りを囲んでいました。
スイバの花の上にきれいな色をした虫を見つけました。「カタクリハムシ」という名前のようです。