■ 戸室ビオトープ ■

 
 

2013年度活動

2012年度活動

2011年度活動

 
 

【第四回活動 2013年5月18日】

戸室ビオトープも今年で10周年を迎え、今回は、山野金沢市長、宮本環境局長にお越しいただき、記念イベントとしてビオトープの看板の設置を行いました。
その後、石川むしの会の石川先生をお迎えして、ビオトープの生き物観察会を行いました。みんなで、池の中の生き物を探し、見つけた生き物について、お話していただきました。
スタッフがトックリを逆さにしたようなものを木の枝に見つけ、トックリバチの巣では?と話していたのですが、石川先生にみていただいたところ、コガタスズメバチの初期に巣(女王蜂が一匹で作った巣)とのことでした。幸い、中は空っぽでした。
例年6月に見かけるモリアオガエルの卵が、今年は見られず、気になっていましたが、今回見つけることができ、安心しました。
ここ戸室ビオトープは、10年前に池や水路を作ってスタートしたのですが、今では、様々な生き物が集まってくるようになりました。
 



【第三回活動 2013年5月18日】

今回は、昨年の11月に植え付けたタマネギの収穫し、新しくシソ、落花生の植え付けを行いました。畑では、4月に植えたジャガイモの花が咲いています。来月は早くも収穫の予定です。
ジャガイモの葉には、「光らないホタル」、オバボタルがとまっていました。
次回7月3日は、「光るホタル」の観察会ですが、天気が気に懸ります。

【ホタル観察会 2013年7月3日】

ホタル観察会は2010年にホタルの生息を確認して以来、毎年計画しているのですが、荒天での中止の年もあり、過去2011年の1回のみ開催となっていました。
今年も夕方から雨が降り出し、心配していましたが、観察に先立って行ったホタルの勉強会が終わったころには雨があがり、池の周辺で20〜30匹のヘイケボタルを観察することができました。その後、近くのキゴ山へ移動し、今度はゲンジボタルを観察しました。
 
 


【第二回活動 2013年5月18日】

前回とは打って変わり、気持ちのいい晴天に恵まれ、ビオトープでは、クロスジギンヤンマやハラビロトンボ(写真)が飛び回っていました。
今回は、枝豆、サツマイモ植え付けのあと、ビオトープ周辺でウド、タラの芽などの山菜を獲り、椎茸の植菌をした後、最後に山菜てんぷら作りをしました。
 
 


【第一回活動 2013年4月27日】

2013年度の活動がスタートしました。
4月も下旬になりますが、途中あられが降ったりと、肌寒い天気ではありましたが、昨年と同様に60人を超える方々に参加いただき、賑やかにスタートできました。
丸太を切って名札作りの後、ビオトープの方へ出て、ジャガイモの植え付けをしました。
幸い雨は上がったものの、ビオトープは寒々とした雰囲気でしたが、それでも、池の中にミズカマキリやアカガエルを見つけた方がいました。